ミニマリストを目指すありすのブログ

~40代4人の子持ち主婦がミニマリストを目指します~

空間を楽しむ

家の中やそれぞれの部屋を片付け始めて不要な物を捨てていきますと、部屋に空間が出来ます。

その空間こそ、私が片づけをおススメする理由なんです。

 

例えばミニマリストのクローゼットは、大抵の方が多くても8割、少ない方は6割のスペースしか使っていません。

と言うことは2~4割は空間(余白)が出来ている状態ですね。

人って、この「空間」がいつでも大切なのだと思います。

 

私は小さな頃から書道を続けていますが、先生がいつも仰っていたのは「書は空間の美である」という事でした。

作品が素晴らしいのは、書いてある黒い部分(墨の色の部分)が美しいのではなくて、空間が美しいから作品が美しいのだ、と。

小学生の頃はその意味がよく分からないまま書いていました(笑)

ですが、大人になるとその「空間が大切」と言うのは人生すべてにおいて言える事だなと感じています。

 

例えば「時間の余白」

スケジュール帳に仕事や人と会う約束でぎっしり予定を詰め込んでしまうと、自分のための余白がありません。

これではストレスが溜まってしまいますね。

成功していらっしゃる方の多くは、一ヵ月前や数か月前のうちに手帳の中に何もしないための予定(余白)を確保しているとお聞きしました。

 

そして「お腹の余白」

スリムなスタイルをキープしていらっしゃる方は、腹八分目や腹六分目を実践されて体調管理をされ、いつも身軽で良い調子の自分をキープしています。

 

更には「お金の余白」

お金の管理の上手な方は毎月の予算をぎりぎりで組むのではなく、予備費をしっかり確保していらっしゃいます。

そんな方は上手に貯金をされていますね。

 

玄関に飾る物は少なくして空間を楽しんだり、本棚にはぎっしり本を詰め込まず、所々に余白を作るとそれだけでゆとりが生まれます。

がらんとした広くなった空間が出来ると、空気の流れが変わるのを実感出来ます。

もしも今、人生の流れが上手く流れていないな、と言う方は、どこに余白を作ったら上手く行くかを考えてみるのも良いかもしれませんね。

お金?時間?物?人間関係?お腹の中?頭の中?

 

あなたの身の回りに、空間(余白)を上手に作る事で気の流れをさらに整えてみませんか?

 

f:id:nagazaifu-fan:20190422182231j:plain