ミニマリストを目指すありすのブログ

~40代4人の子持ち主婦がミニマリストを目指します~

片付けられない理由

先日NHKで再放送された片付けのTV番組を観ました。

「人生がときめく片付けの魔法」の著者である近藤麻理恵さんのメソッド(これは私も大変勉強になりました)を活用し、3人の片付けられない女性がコンサルタントの女性にアドバイスをもらいながら片付けをしたというドキュメンタリーです。

 

番組でこんまりさんが「人が物を捨てられない理由は二つしかない」と仰っていました。

その理由は

1.過去への執着

2.未来への不安

 

たったこの二つなのだそうです。

私もその通りでした。

私は以前心配症なのか、化粧品や日用品、調味料などお気に入りの物は予備を一つ持っておかないと安心できませんでした。

そして、予備が一つなら良かったのですが過去には予備が3つという物も結構ありました(;'∀')

例えば日用品だとトイレットペーパーやティッシュボックスの5個セット、排水口ネット、ラップ類、ゴミ袋…沢山の日用品をそれぞれ3つずつ予備を持っていました。

 

 でも片づけをしていって物を減らして分かったことは、私は自分が人生の中で買い物をする時間は無駄だと感じているという事に気がついたのです。

それに気づき、これからの人生もその方向で行きたいのか?と考えたらやはり何度も買い物に行くという時間に費やしたくない自分の気持ちを尊重する事にして、日用品だけは2つまで予備を持ってもOKとする事にしました。

今までは、ただ安心するために予備を持っていたと思っていましたが、買い物の時間を少なくして他の好きな事に充てたい、という自分で納得のいく理由が分かったのでそれを受け入れたらとても楽になりました。

 

もし皆さんが片付かなくて何かもやもやしている事があったら、「これはどうして持っているのかな?」と理由を自分自身に聞いてあげてみてください。

物としっかり向き合うことで、自分はそうしたいという理由が分かり、その理由を大切にする事でこれからの方向性が決まるかも知れません。

 

そして先程あげたTV番組では、それぞれ3人の女性が過去の辛い経験をしていた時を思い出してしまう洋服や物を沢山持ち続けていらっしゃいました。

その片付けプログラムでコンサルタントが仰っていたことは

「これにどんな言葉を掛けてお別れしたいですか?この物はあなたにどんな言葉を掛けてくれると思いますか?」

というような質問をしていらっしゃいました。

 

片付けや断捨離というと、ただ部屋をスッキリさせると思いがちですが、片付けとは過去に片をつけてこれからの人生を選ぶ、という人生において深い意味があるのだと改めて気づかされました。

あなたの物を捨てるか残すかはあなたにしか決められません。

あなたがこれからの人生と共にしたい物たちを自分で選び、仲良く大切にしていきたいですね。